移転するけど電話はどうしたらいい?

まず、移転をする場合、今の電話機をそのまま次の場所に持っていって、繋げれば使えると思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

結論からいうと、「ビジネスフォンの場合、通話はできません」
ビジネスフォンの場合は・・「電話工事」が必ず必要になります。

移転に関しては次のステップが必要です。

STEP1 NTT電話回線の移転日を決める

NTTに移転先の住所を伝え、移転先に電話回線を移す手配をしなければなりません。
その際、同一局舎(同じ地域)の場合は電話番号は変わりませんが、
ちょっと離れた地域になると電話番号が変わります。

NTTへの問合せは、非常に時間がかかります。
まず、お客様センターでは、必ず電話が繋がるまで、待たされる傾向があります。
時間がもったいないと思ってしまいますが、気長に繋がるのを待つしかありません。

この場合、電話工事会社へ一緒に回線の移動の手配もお願いすると大抵のビジネスフォン販売会社は代行してくれますので、お願いしてみましょう。

⇒時間が惜しい方!電話回線の移行のめんどうな手配も、工事会社が代行!「erabu」で一括見積をとり、良心的な会社にお願いしましょう!ちょっと不安なNTTとのやりとりなども業者へ一括依頼。 

⇒「erabu」で選ぶ…有料格安業者を探す5社見積もり!【クリック】

お問い合わせ

STEP2 移転日に合わせ電話工事の依頼をする。

次に、NTT電話回線の移転日が決まったら、その移転日に合わせ、工事業者を手配します。
電話の設置をお願いした会社に頼むのが一般的ですが、その会社が倒産していたり、バリバリの営業会社だったりする例がよくあり、 移転の手続きをしてくれない会社もありますのでご注意を!

基本的には今のビジネスフォン電話機はそのまま使えますが、移転の工事でもかなりの工事費がかかります。一般的には規模によりますが15万前後は覚悟しなければなりません。
古い電話機を使用している場合などはリースメリットを生かし、電話機を新しくし、現在のリース料金のランニングコストで納めるなど、できる限り誠意をもって対応してくれる会社を探しましょう!


当社では、その会社探しもお手伝いさせていただいております。

⇒「erabu」で一括見積は電話工事に対して、お客様のニーズに答えられることを第一に考え、そしてリーズナブルな価格の工事業者を5社の中から選べます【クリック】

⇒「erabu」で選ぶ…有料格安業者を探す5社見積もり!【クリック】

お問い合わせ

erabuをぜひご活用ください!

とにかく納得!ビジネスフォン工事業者を選ぶならerabu!

移設編 移転に伴う電話はどうしたらいい?今の電話機はそのまま使えます!

  • 移転するけど電話はどうしたらいい?
  • 電話機をリースで購入している場合!
  • リースの組み換えを迫る業者にはご注意!
  • ビジネスフォンは今のまま使える!
  • NTTへの移転の手続きはどうするの?
  • 工事費が先にいくらかかるか知りたい!
  • 移転の工事を「一番得する電話回線」に頼んだらどうなるの?

開設編 新しくオフィスや店舗を開設、早急な電話の手配!NTTの電話手配から工事まで全てOK

  • オフィスを新設するけど電話はどうしたらいい?
  • 電話業者との折衝が必要!
  • インターネット回線も用意してくれるの?
  • 安いビジネスフォンはあるのですか?
  • 全ての費用がいくらかかるか先に知りたい!
  • 移転の工事を「一番得する電話回線」に頼んだらどうなるの?

東京23区 / 千葉県 / 神奈川県 / 埼玉県 / 群馬県 / 栃木県 / 茨城県
大阪府 / 兵庫県 / 京都府 / 奈良県 / 滋賀県 他

  • NTT
    NTT東日本情報機器販売特約店です。
  • 全電協加盟
    全日本電話取引協会の会員です。工事するのは全電協加盟の工事会社です。

当社スタッフが丁寧にお答えします なんでもご相談ください

無料相談・お問いあわせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話はこちら